変わりたい組織と、成長したいビジネスパーソンをガイドする

会員登録をすると、編集者が厳選した記事やセミナー案内などをメルマガでお届けしますNIKKEIリスキリング会員登録最新情報をチェック

PDFは仕事でもプライベートでも欠かせない存在になってきました。利用する機会が多いだけに、Acrobat Reader DCを使いやすく設定したり、知られざる便利機能を活用したりすると作業効率が大幅にアップします。さらにPDFを編集するためのフリーソフトや無料のウェブサービスも充実しています。しかもWordでもPDFを編集できます。手軽に編集できる仕組みがこんなにあったのかと驚くこと請け合いです。7回にわたって徹底解説します。

◇  ◇  ◇

ページの追加や削除などのページ整理には、フリーソフトの「CubePDF Utility」が便利。特定のページを抽出して別ファイルにしたり(図1)、複数のファイルを1つに統合したりできるので、資料のまとめや保存に重宝する。

図1 「CubePDF Utility」は操作性に優れたフリーソフト。特定のページを抽出して別ファイルにする場合も、該当ページを選択して「抽出」ボタンをクリックし、ファイル名を指定するだけでよい(1、2)。なお、複数ページを選択する場合は、2ページ目以降を「Ctrl」+クリックで選択する

図1 「CubePDF Utility」は操作性に優れたフリーソフト。特定のページを抽出して別ファイルにする場合も、該当ページを選択して「抽出」ボタンをクリックし、ファイル名を指定するだけでよい(1、2)。なお、複数ページを選択する場合は、2ページ目以降を「Ctrl」+クリックで選択する

ツールバーの表示がわかりやすく、ページのサムネイルで直感的に操作できるのも魅力だ(図2)。ファイルの統合も、挿入位置を指定して追加するファイルを選ぶだけ(図3)。あとは別名でPDFファイルを保存すればよい。

図2 機能がわかりやすいツールバーとページのサムネイルで操作は快適。ツールバーを使わなくても、ページをドラッグで入れ替えたり、選択中のページを「Delete」キーで削除したりできる

図2 機能がわかりやすいツールバーとページのサムネイルで操作は快適。ツールバーを使わなくても、ページをドラッグで入れ替えたり、選択中のページを「Delete」キーで削除したりできる

図3 挿入位置のページを選択して「挿入」メニューから挿入位置(ここでは「選択位置の後に挿入」)を選ぶ(1〜3)。先頭や末尾に追加するときはページを選ばなくてもよい。表示される画面で追加するPDFファイルを選ぶと、指定した位置にそのファイルのページが追加される(4)

図3 挿入位置のページを選択して「挿入」メニューから挿入位置(ここでは「選択位置の後に挿入」)を選ぶ(1〜3)。先頭や末尾に追加するときはページを選ばなくてもよい。表示される画面で追加するPDFファイルを選ぶと、指定した位置にそのファイルのページが追加される(4)

PDFファイルをパスワードで保護する機能が備わっているのもうれしい(図4)。印刷やコピーなど許可する操作も細かく選べるので、状況に応じたセキュリティ対策が可能になる。

図4 「セキュリティ」を選択し、表示される画面で「PDFファイルをパスワードで保護する」をチェックしてパスワードを2 回入力する(1〜3)。閲覧も同じパスワードで制限する場合は「PDFファイルを開く時にパスワードを要求する」と「管理用パスワードと共用する」もチェック(4)。印刷や編集などを許可するか設定し(5)、「OK」ボタンをクリックする(6)

図4 「セキュリティ」を選択し、表示される画面で「PDFファイルをパスワードで保護する」をチェックしてパスワードを2 回入力する(1〜3)。閲覧も同じパスワードで制限する場合は「PDFファイルを開く時にパスワードを要求する」と「管理用パスワードと共用する」もチェック(4)。印刷や編集などを許可するか設定し(5)、「OK」ボタンをクリックする(6)

新着記事

Follow Us
日経転職版日経ビジネススクールOFFICE PASSexcedoNIKKEI SEEKS日経TEST

会員登録をすると、編集者が厳選した記事やセミナー案内などをメルマガでお届けしますNIKKEIリスキリング会員登録最新情報をチェック